活動理念

社会、生涯における教育の推進、普及のため、「様々なコンテンツの教育プログラム化」、「民間資格制度の開発・アセスメント」、「空き空間・時間の教室化」を進めます。

ライフスタイルが多様化する社会で、 「その人らしく、よりよく生きるための学び」 の場を増やし、自分を信じ、自分らしく生きる勇気を養い、しなやかで豊かな人生を育む社会教育を広げることを目指します。

さらに、一人ひとりの成長が、より大きな課題の解決の力になるための共創を生み、社会課題の改善・発展につながるよう、知恵を「共有」する社会教育の構造作りを推進します。

教育には人、社会をより幸せにする力があります

自然の中で生まれ、生きていくために、
人は、生きる糧を得る知恵、
安全に生きる知恵を生み出しました。

さらに、多くの生命に活かせるよう、
伝達のための言葉を生み、
協力し合う社会を形成しました。

さらに社会を発展させようと、
政治、建築、天文など知恵を進化させ、
文化文明が発達しました。

戦乱や混沌の中では、
人間性を尊重し、人間らしく、幸せに生きたいとの創造活動が
文学、芸術、宗教などへと昇華しました。

より豊かな人生の夢、更なる社会の発展への追求は、
経済、学問、技術、科学の発展を促し続けています。

今、社会に生きる私たちにとって、求められる教育の役割とは何でしょうか。

ソーシャルエデュケーション協会では、大きく2つあると考えます。

1つめは、
「人が、その人らしく、より幸せに生きるための学び」

人生は、様々な課題や悩みを乗り越えていくことの連続です。
どう選び、どう考え、行動するのか。
急激に変化する環境の中、生き方を選べる時代だからこそ、社会生活のあらゆるタイミング、生涯にわたって学ぶ機会が、求められると思います。

2つめは、
「もっと大きな課題の解決の力になるための学び」

経済の豊かさ、国際化社会、輸送やインターネットなど様々な技術・情報等、当たり前となった社会は、多くの恩恵をもたらす一方で、
そこで生まれる社会課題を、複雑化、漠然化し、地域や国、既存の枠内だけで解決しづらくしています。

その解決のための知恵を見出だし、共有する学びは、
今の社会だからこそ求められると思います。

一人ひとりの選択、人生が、全体をつくる。

より大きな社会課題の解決に、自身の成長を生かすことができた時、
その人の人生の充実感も、よりいっそうのものになるのではないでしょうか。

教育基本法 生涯学習の理念(改正による新設)
「国民一人一人が、自己の人格を磨き、豊かな人生を送ることができるよう、その生涯にわたって、あらゆる機会に、あらゆる場所において学習することができ、その成果を適切に生かすことのできる社会の実現が図られなければならない」

ソーシャルエデュケーション協会では、教育基本法の理念に則り、市民一人ひとりが豊かな人生を実現し、社会全体の発展、国際社会の平和につながるよう、社会のあらゆる場に学びを創造することを目指し、活動します。

代表理事 岡志寿子

PAGE TOP